.

日刊紙の折込チラシ、スポーツ新聞紙、繁華街に貼られた宣伝や郵便広告などで、「多重負債の整頓任せなさい」「多重借金を集約したくありませんか」という内容の惹句を見ることがよくあります。

こういうのは、「整理屋」「買取屋」「紹介屋」という通称の会社のおとり広告の場合があるということなのです。

これらを頼んだときには破産申請プロセスの中で免責決定をもらえない可能性もありえます。

「整理業者」とは、チラシなどで借金を抱える人は寄せ集め高い料金を要求して整理をやりますが結局のところ負債整理は行われないまま、負債者はさらに借金スパイラルに陥ることがほぼすべてになります。

「買取業者」とは、債務者の分割払いで家電、電車の券を多量に購入させて債務者から買った商品を買った値段の3割ー額面半額で買取るという方法をとっています。

債務人は金が手に入れられますが、少しすればクレジット会社経由の商品価格の全額の支払い要求が送られてきて、結局のところ負債額をアップさせる結末で終わります。

クレジットカード会社に対する犯罪行為ということになり免責を手に入れられません。

「紹介業者」の場合は、大手サラリーマン金融から借りられなくなった負債者について、ダイレクトな貸出は全くせずに、資金提供を可能な異なる店を呼んで、すさまじいサービス料を請求する会社です。

つなぎ業者は自らの経由で金貸しが受けられたというふうに話しますが、実際は何もしないで審査の緩やかなサービスを教えているだけです。

結局は借金額を重ねる結果に終わります。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.dizisizle.org All Rights Reserved.