.

現実にコンピュータの前に座って、リアルタイムで動いている市場を見ると直ちにトレードをしなければならないという思いが沸き起こる場面も少なくないと思います。過払い金請求 費用

しかしながら、不確かな思いつきで取引するのだけは、断じてしてはいけません。車 売却

事実、為替相場は24時間常にいずれかの為替市場は関いているし、市場も、上がったり下がったりします。アンボーテ

そうであっても、頻繁に売り買いを積み重ねるとその分だけマイナスになる確率が高まってしまう。ブラジリアン ワックス セルフ

確かに売り買いの回数を経験することによってだんだんと勝利する確率か50%、50%になっていくのは事実です。横浜 ダイビング

けれども「漠然とした勘で売り買い」することとは別の話です。にこるん ニキビ

売買回数を積む事の意味は自ずから「ここは!」と直感した確信を得られた状況での取引回数を重ねるという事を意味します。手島優 ニキビケア

ただ、取引を重ねるのとは明らかに違う。ニキビ グランディム 男性にきび総合事典!!"

相場の駆け引きに敗北しないためにはあなたが主体的にけじめをつけることが大事だ。

「ここがチャンス」と思えた外国為替相場の時には覚悟を決めて保持ポジションを増やして意識して利益を追い求めます。

「少し分かりにくいマーケットで、どうなるか予想できないな」と感じた時は思い切って所持ポジションをひとつも残さないで諦めて黙っています。

これぐらいのリズムをつけた方が、最後には売買はうまくいきます。

外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

本当にその通りだと思います。

為替とは、何も常にポジションを持つことがすべてではなくポジションを保持せず静観していることも場合によっては、FXです。

じゃあ、どのタイミングで、休めばいいのでしょうか。

最初に考えられるのが、先述した通り、現在のマーケットが今ひとつ難しいときです。

現状から上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は、考え無しで行動すると、自分自身の思ったストーリーとは反対の方向にマーケットが向ってしまい、損する事になってしまいます。

だから、こうしたケースではポジションを諦め、何もしないで様子を見ているのが良い方法です。

2番目に、己の体の状態が悪いときです。

体の調子と市場につながりがない思う方もいるだろうが。

現実には思ったより関係がある。

体の調子があまりよくなければ外国為替市場の判断しなければいけないところで正確な決定をする事ができません。

興味がわかない時は、市場から離れる事も肝心な事です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.dizisizle.org All Rights Reserved.