.

交通事故に巻き込まれた状態で、自らが自動車事故の被害者であるにもかかわらず相手方が間違いを少しも納得しない場面は多数存在します。75-11-104

仮定として、意思と関係して起こしてしまったのと違い注意不足で自動車をぶつけた時などにそういった言い合いになってしまう状況がありそうです。75-12-104

とは言っても、現場で車のみの事故されて数ヵ月後に体の痛みが現われてからかかった病院の医師に作成してもらった診断書出すのでは対処が遅くなる感は否めません。75-6-104

そうであるならば、自動車の事故の過失割合の決定にはどういう風な目処が存在するのでしょうか。75-16-104

しっかりと言いますと警察が決めるのは、核として車の事故の大きな落ち度が認識されるのはAかBかということであり、割合ではありません。75-18-104

明確にされた事故責任者が警察から公表されるという事は全くありません。75-19-104

それだから、割合は当事者の協議の結果により決定され、これが事故の賠償の算定のベースとなる訳です。75-20-104

この場合に、両者共に任意に加入する自動車保険に加入していなかった時は両者が面と向って相談しなければなりません。75-5-104

だけど、当たり前ですがそういう話し合いでは、感情に走った応報になる危険性が高いです。75-9-104

この上、お互いの言い分に相違があれば最悪の場合、裁判にまでもつれ込みますが、それでは時間と裁判費用大きなマイナスは避けられません。75-15-104

ですから一般的には事故に関わってしまったそれぞれの当事者についている保険会社、この互いの自動車の保険会社に話し合いを頼む手段を用い、相応しい過失の割合を理性的に決めさせます。

こういった際、自動車の保険会社は、過去の自動車の事故の事例の判定から決定した基準、判断例をたたき台として推定とやり取りでどちらに何割過失があるのかを算定します。

そうは言っても交通事故では、巻き込まれたのか巻き込んでしまったのかに関わらず、第1に110番するのが絶対です。

その上で保険会社に連絡を取りその後の話し合いを任せるのが順番になります。

正しい手順さえ知っておけば互いの不毛な協議となる状況を回避できるに違いないのです。

Copyright (c) 2000 www.dizisizle.org All Rights Reserved.